一般財団法人 沖縄県環境科学センター

働く環境

環境科学部について

環境科学部には企画計画課、自然環境課、生活環境課の3つの課があります。
3課は互いに連携して、主に沖縄の自然環境や生活環境を守り、育むための様々な調査研究、普及啓発等に関する環境コンサルタント事業を行っています。

サンゴ、希少生物の保全対策、県外、国外から持ち込まれた外来種の調査・対策検討、持続可能な発展と環境保全のための環境アセスメント、地球温暖化対策、自然再生事業に関する環境計画の策定等、様々な活動をおこなっております。

働く環境について

事務所内の風景

環境科学部には、県内外出身の様々な年齢層の人たちがいます。
女性も活躍するとてもオープンで明るい雰囲気の職場です。様々な分野の専門家が在籍しており、日常的に生物、科学、環境問題の話題が飛び交うのも魅力の一つです。現場調査では、豊かな自然が残るやんばるや離島などに出向くことも少なくありません。豊かな海域、陸域、河川の自然環境は、心を癒やしてくれます。

sample

働き方改革への対応

当センターでは、上司、部下によらず定時で帰宅することも少なくありません。残業時間は社員同士の相談で調整することができます。育児に関する特別休暇の取得、時間単位の有給休暇取得なども浸透しています。いわゆる働き方改革関連法案の適用前から、子供の送り迎えなど家庭の事情を踏まえてフレックスタイム制を活用したり、在宅勤務をするなどの柔軟な働き方に理解があり、定着しています。

※次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画に基づき「沖縄県ワーク・ライフ・バランス企業」に認証されています。
https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/rosei/kikaku/work_life_balance.html

sample

環境配慮・職員への
健康増進に関する取り組み

当センターでは、職員の健康増進とCO2排出制限に寄与することを目的として、自転車で通勤する職員にエコ通勤手当を支給しています。

※国土交通省などで構成される公共交通利用推進等マネジメント協議会より「エコ通勤優良事業所」に沖縄県で唯一認証されています。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/transport/ecommuters/goodstanding/index.html

求める人物像

象徴する人物

持続可能な沖縄社会の発展の実現へ

私たちと共に、持続可能な沖縄社会の発展の実現に向けて行動したい方を歓迎します。

sample

誠実、素直

環境コンサルタントによらず、誠実さ、素直さは社会人の基本的かつ最も重要な素養です。私達の仕事の成果は、時として長く活用され、社会に大きな影響(効果)をもたらすことがあります。そのため、科学的な裏付けのある技術力に加え、高い倫理観と誠実な対応が必要不可欠です。
間違いや勘違いが起こったとき、皆で協力し合って前向きに改善していこうとする素直な気持ちは、何にも代えがたい大切なことです。

sample

好奇心、積極性

自分の好きなこと、興味のあることを大切にしつつも、「社会の問題や課題は何か」、「どのようなことが求められているか」ということに関心を持ち、楽しみながら行動できる方と一緒に働きたいです。

sample

個性

「この生物が大好き!」など、いわゆる"オタク"であることは、とても大切な個性です。私達は、あなたの個性が存分に活かされる職場でありたいと考えています。 環境科学部では、貝類の個展が開ける先生レベルの人、調査で釣りのテクニックを発揮する人、光るセンスを発揮して環境に関するポスターやパンフレットを作成する人、斬新なアイディアでこれまでに無かった面白いイベントを企画、開催する人など、皆それぞれの個性を活かして活躍しています。

TOPページへ戻る

TOPへ